マエストロFXとパリス昼豚さんの手法、そして独自手法の勉強会。

 ここは旧ブログです。新しいブログはこちら 

何度も書いているのでしつこくて恐縮ですが、

トレードの練習とか検証をするときに、一回一回の勝った負けたを気にしたり勝率がいくらだの
上手くなる途中でグチグチとそういうのを気にするのはご法度です。

トレードスキル向上する(パリス昼豚さんのマネ)ことに全力を注げば、結果は後からついてきます。


今回の話はそれとは違って、

2014-07-18_195754.png
2014-07-18_195816.png
        2014-07-19_115212.png


なんというか、根性論的なものです。

高校野球マンガ「おおきく振りかぶって」23巻
野球に対してこれまで全く情熱のなかったキャッチャー、秋丸君が覚醒する(かもしれない)回です。

技術的にはなんも変わってないのに「覚醒する」ってのは分かるんです。


僕の勉強会でも、他の方のところでも、
手法の基本を学ぶ以前にやるべきことがあります。

それは「腹を決める」ということです。


この人、本当に勝ちたいと思ってるのか??
ちょっとでも辛いと思ったら他の手法に目移りするんじゃないのか??
「忙しい忙しい」で週末だけのお勉強じゃどーーしようもないんだよ??


僕にそういうことを感じさせちゃう人がいます。

一方で、同じような進度なのに「この人はほっといても伸びるよね」と
なぜか安心感を感じる人もいます。



この違いは何なんですかね。


つづく。