マエストロFXとパリス昼豚さんの手法、そして独自手法の勉強会。

 ここは旧ブログです。新しいブログはこちら 

そういえば以前、手順という記事を書いたのを思い出しました。

ものを学ぶには「手順」が大事という内容です。

現在の勉強会の手法「89手法」では、日足と1時間を見る基本のパターンがあり
その後で4時間を見るパターンがあり、さらにその後で15分を見るパターンがあり・・・。


「俺は5分とか1分を見て短期トレードがしたいんだけど?」

というのがご希望の方もいらっしゃるかもしれませんが、
初めからそんな短期足を見ていたら、「木を見て森を見ず」に必ずなりますから
その時点で負け確定です。勝てるトレーダーには一生なれません。

逆に、日足と1時間のパターンだけを学び、デモトレードをやってみて、という手順を踏むと
数週間~数ヶ月で5分足を見ての短期トレードが楽々とできるようになったりします。


基本となる手法(ただし、再現性のあるもの)があり、それを淡々とやり続けていけば
「慣れ」が生まれます。

これまでうーーーんと唸って考えなければ引けなかったラインが、まるで手が勝手に動いてるように引ける!

枚数を計算するためにエクセルに価格を入力するんだけど
その入力がスンゲェ早くなった!まるで地獄のミサワ並みのキーボードの軽快さ!

これまで1つの通貨ペアにつき、環境認識が30分かかってたのが数秒でできるようになった!

チャンスがありそうなところが何となく分かるようになった!チャートを何度も見なくて良くなった!



トレードに関するあらゆる部分で高速化が始まります。
この高速化が大事で、次のステップへ進むことのできるカギとなります。

逆に、あらゆることが高速に、楽にできないと
トレードをする際に必要な一つ一つの所作が全て足かせとなります。

ワケワカランくなります。

チャートを見るのが辛くなります。

忙しい・疲れたを言い訳にしたくなります。

他の手法に浮気したくなります。


もう、5分足を見てカッコよくスキャルピング! どころの話では無くなります。




だから僕はいつも

「手順を踏んで、一歩一歩確実に。」

このことを重要視します。