マエストロFXとパリス昼豚さんの手法、そして独自手法の勉強会。

最近、ピアノを習っています。

友人が教えてくれるんです。タダで。

レッスンは週1回なのですが、それ以外の時間は自習となります。


教則本を練習してレッスンに「どやっ」って臨むのですが
ボロがボロボロ出てくるんです。

椅子が高すぎる。
足は右を前に出す。
ハノンはもっと強く弾く。
指とか腕の使い方はこうする。
こういう調とかリズムでも練習するといい。
この曲は3拍子だからこういう弾き方をする。
曲の終わりは「ジャ~ン」だと終わったように聴こえないから静かに弾く。
伴奏が強すぎてメロディが聴こえづらい。
強弱記号は書かれていないが、音符の形からいってこういう表現をつける。



独学だったら、これらのことを一切知らないまま前に進むことになります。

知らないまま前に進むと、たぶん上手くはなりませんよね。
前に進めない(抜き差しならない)状況に陥るかもしれません。


だから、教えてくれる友人にはほんとに感謝しています。

「これ、独学だったら絶対ムリだったよ!ありがとう!」と何度も言いました。



独学はバイオハザード的なゲームをハードモード・ナイトメアモードでやるのと似ていると思います。

よっぽどの天才以外は、即効ゾンビに喰われて(゜ρ゜)< かゆうま になります。






とてもいい どや顔。












勉強会に参加されている方で、現在の学びの環境を大事にできている方々はステキだと思いますし
お金持ちになってくれたら、とっても嬉しいです。






僕も友人に感謝しつつ、
来年の11月に行われる発表会に出ることを目標に頑張ります。