マエストロFXとパリス昼豚さんの手法、そして独自手法の勉強会。

人間には、「生まれてきた目的」があります。


そういうスピリチュアル的なことに抵抗をお持ちの方であれば
「そうであると仮定」するだけでいいです。


DNAの中に、肉体の情報だけでなく
「この世でこんな経験をしたい、あんなこともしたいなぁ」という人生の設計図が入っていたとします。


設計図に無いことは、我々は見向きもしません。

エクセルがインストールされていないパソコンで、エクセルの機能が使えないのと一緒です。
表計算という概念自体がありません。


一方で、「FXをやりたい」と思ってトレードをするのであれば
人生の設計図の中にFXが組み込まれていた人です。

「FXやりますよ~」って、予め決まっていたのです。

組み込まれていない人は、FXという言葉自体知らなかったりします。


「絵を書くのが趣味です」「学校の先生になりました」「海外旅行しました」
「ペットを飼いました」「素晴らしい人と出会いました」「大切な友人が若くして死にました」

それらも全部、やる予定・経験する予定になっていたことです。


物事には、いい時期と悪い時期があります。

今日は人から感謝されて気持ちいい。
今日はお客さんや上司から怒られて辛い。

でも、それら全て、経験する予定になっていたことです。


我々が苦しんでいるときでも、設計図を作った何者か(本当の自分?)は
「うわぁ!今、俺、怒られてるぜ!
経験したいと思ってたことを経験してるぜ!すげぇ!最高!」

とキャーキャー言いながら喜んでいます。

我々本人からしてみれば、勘弁してくれよ・・・という感じではありますが。



と、すれば

会社で辛いことがあっても、日常生活で不快なことがあっても、怖い経験をしても、
FXで損切りが2回続いてドキドキしても、今日はしんどくて会社行きたくない・寝てたいと思っても

それらは全て経験する予定になっていたことですから

不可避なことですから

じゃあ、ミケンにシワ寄せて、ブツクサと不満を言いながら経験するのではなく
ぜーんぶ楽しんで経験しちゃえばいい。


僕の友人で、トレードのときに、含み損を抱えたら椅子の上に立って踊りだす人がいます。

もしくは、尊敬するパリス昼豚さんは、損切りしなければいけないときに
「切れ!切るんだ!ジョォォォォォォォ!!」と丹下段平のマネをしたりするそうです。(参考


ぜーんぶ、楽しんじゃえばいい。



ジェットコースターと同じです。

乗るときは「怖いよ~」とか言ってるくせに
乗っているときは笑顔で「ギャァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!」とか言ってるくせに
終わって降りたら「あぁ、面白かった」「また乗りたい」となる。

(僕はジェットコースターは嫌いですが、そういう人は別の例えを想像してください)




同じように、自分の人生でも、どんな状況も楽しんでやればいいんです。

どうせ経験しなければいけない不可避なことですし、
未来では「いろいろあったけど、いい経験したよなぁ」と言っているはずですから。


どんな状況でも不平不満ばかり言っている人は、損。