マエストロFXとパリス昼豚さんの手法、そして独自手法の勉強会。

今回の話はややこしいので、文章でしっかりと表現できるかどうかは不安なところです。
(いつものが「しっかりした文章」なのか?と言われてしまえば、まぁ。ね。)





過去の自分に対して
「あのとき、俺、ダメだったよなぁ…」とか「あのときの自分は嫌いだ」と後悔します。

もしくは
「あの頃は良かった」とか「あのときは楽しかったなぁ…」と懐古します。


未来の自分に対して
「お金無いし、老後が心配」とか「10年後、自分はまだこの会社で苦労して働いてるのかなぁ…」と心配します。

もしくは
「もっとこうなりたい」とか「将来、俺は100億円稼ぐぜ!」と夢を持ちます。



想うことがネガティブなことであれ、ポジティブなことであれ
どちらにしろ、それは「今」を生きていないことになります。


タイムマシンで現時点の意識だけが、過去や未来にタイムトラベルしていることになります。
現実逃避とも言うかもしれません。


現時点の自分自身が抜け殻になっているというか

抜け殻までいかなくても、現時点の自分自身が薄っぺらになるというか。



じゃなくて、

「今の自分」を作っているものは「過去の自分」だし
「過去の自分」というのは、過去の時点での「今の自分」だったのだし

同じように考えたら

「未来の自分」を作っているものは「今の自分」なのだし


結局、「今」思っていること、感じていること、やっていること全てが
その後の自分自身を形作ることになります。


だとすれば、

今の自分に気に入らないことがあるのであれば
今の自分がまだまだ満足できないのであれば

今までと同じことをしていても、未来は何も変わらないことになります。

未来を今までの自分と異なるものにしたければ
意識的に、今までとは180度異なる生き方をしなければいけないです。


笑っちゃうくらい小さなこと、身近なことでもいいです。


黒の地味~な服を着ていたのであれば、勇気を出してピンクを来てみるとか

無言で買い物をしていたのであれば、勇気を出してコンビニの兄ちゃんに「ありがとう」と言ってみるとか

インドア派であれば、勇気を出して何かのスポーツサークルに入ってみるとか

身近な人や地域や政府に批判ばかりしていたのであれば、勇気を出してそれを一切やめてみるとか。




何かひとつでも、何か小さなことでも
「いつもと違うこと」を意識的にしてみれば未来は変わります。






もっと深い部分での話があるのですが、
これ以上のことを他人に理解してもらえる文章で表現できる自信がないため、ここまで。