マエストロFXとパリス昼豚さんの手法、そして独自手法の勉強会。

 ここは旧ブログです。新しいブログはこちら 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ここは旧ブログです。新しいブログはこちら 

FX勉強会内で、参加者の方が「f.lux」というソフトを紹介されていました。

興味があったので現在試しています。


少し前から靈氣を習い始めたのがきっかけで
いろいろな所に出かけて、人から靈氣を受けることが多くあります(他人の練習台とかプロの方とか)。

行く先々で言われるのは「milkさん、すんげぇ肩こりですね」です。

もう50回くらい言われていると思います。

それとセットで言われるのは「眼精疲労ですね」「第三の眼に病腺が感じられます」
で、これは25回くらい言われました。


確かに自分でも疲れは感じていて、いろいろな対症療法はしてきたのですが
根本的に何とかしなきゃいけないと考えていた所です。


でも、

チャートはそれほど頻繁には見ていません(1日0回~数回)が
Google Chromeとメールソフトは常に立ち上げておかないと不安ですし、動画も見たいし、エロ同人も見たいし、

もう、パソコンモニタを見てないと死んじゃう病です。


パソコンやめる・見る回数を減らすという選択肢は無いため、便利ソフト「f.lux」を試そうということになりました。


正直、「ブルーライトがどうのこうの」というのは信じていません。
信じていないというか、ブルーライトを信じる人が嫌いなのです。

何でかといえば、以前、会社勤めをしていたときに「いけ好かないヤツ」が職場にいて
ヤツが得意げな顔をしてブルーライトカットのメガネを掛けていたからです(笑)

それ以来、ブルーライトを唱える人が嫌いになってしまいました。

そういう超個人的な事情で。


ケッ、科学的根拠が曖昧なんだよ
メガネ屋の売上に貢献してんじゃねーよ
騙されてんじゃねーぞ、頭悪ぃーんじゃねーのか

とかずっと思っていました。



今でも思っていますし、それは事実だと思いますし、今でもその元同僚は大嫌いです。


でも、ブルーライトやマイナスイオンなど、科学的根拠がアレでも

モニタから何か「良くないもの」が出ているのは間違いない事実ですし
森に行くと何か「気持ちの良くなるもの」が出ているのも間違いない事実ですから

だったらそういう「何か」を信じてみりゃいいじゃん、
世の中には科学で証明されていないもののほうが多いんだから、
f.luxも使ってみりゃいいじゃん、

と思ったわけです。



使ってみたら目が楽になりました。


あと個人的に、f.luxのいい所だと思ったのは「他人に迷惑をかけない」ということです。

チームビューアを使って他の人と画面を共有することが最近よくあるのですが
相手には普通の色の画面に見えます。

画面をキャプチャしてブログに画像を載せるときも、相手には普通の色の画像に見えます。







長々と書きましたが

このブログをご覧になっている方々はほとんどがFXに関係しているのでしょうから
パソコンモニタの見過ぎで、体調を害することが無いようにしてもらいたいです。

幸せになるためにFXやってるのに、身体が不幸になったら本末転倒なので。



僕と同じく、

f.lux使ってみたら?


あと、

一日一食にしてみたら?

お酒やめてみたら?