マエストロFXとパリス昼豚さんの手法、そして独自手法の勉強会。

昨日は昼間にUSDJPYで20pipsほど取って仕事を終了しました。
それ以降は、夜までずっとForexTesterを使っての検証作業をしていました。

検証作業がようやく一段落して休憩しようと、何となくチャートを開いてしまいました。
(休憩になっていない^^;)


おそらく22:30の指標発表時の動きですが、
パワーバランスが全ての時間軸でEUR最強、JPY最弱となっていて感度ビンビンという感じでした。

僕は指標発表時のトレードはしません。

ですが、指標発表後に好条件であればルールどおりにエントリーはします。
昨日はまさにその状態でした。

この状況は大好物ですので、トレードしないわけにはいきませんでした(笑)



先日から記事にしている「水平線」で解説をすると、

2014-03-06_224553.png

4時間足はレンジ内で上の水平線を実体で若干上抜けています。

ただ、上に行く意思はありながらもレンジを上抜ける力はなく、
一度バウンドして力を溜めて再度上昇、そして上抜けている状況です。

これが「背景」となります。


2014-03-06_224623.png

1時間足はそんなに熱心には見ていませんでした。

後付けで理由付けをすると、やはり水平線を実体で上抜け、
その後は足確定でできる水平線にサポートされ、最後の水平線を実体で上抜けしています。


2014-03-06_224710.png

5分足はレートの動きとパワーバランスの動きのみを見ます。

22:30の指標終了後、5分足確定でエントリーです。(若干滑りました)

20pips以上取れたらお腹いっぱいで、ある程度伸びたところでの利確を考えます。
勢い良く伸びていったので、日足でレートが止まりそうな位置で利確しました。(41.3pips)



指標発表とか窓明けとか、そういうのは関係なく
チャートは秩序ある動きをすると僕は考えます。