マエストロFXとパリス昼豚さんの手法、そして独自手法の勉強会。

 ここは旧ブログです。新しいブログはこちら 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ここは旧ブログです。新しいブログはこちら 

人には

「FXブログなんてあれもこれも見るもんじゃねーぞ!ブックマーク全部消せ!」

とか言ってるくせに
自分ではいろいろ読んだりしています。たまにですが。

世の中のほとんどのブログは「バカじゃねーの」と思いながら読んでいます。
(他の人からは僕もそう思われているのかもしれませんが)


FXで勝てていない人は、あれもこれも見ないほうがいいです。
ブラウザのお気に入りは全て消したほうがいいです。

100個持ってるFX商材は全部捨てたほうがいいです。


これだ!と思う手法・先生を決めて、浮気せずに進んでいったらいいです。




今回したいのはそーいう話ではなく。


世の中のFXブログを読んでいると、「FXってむずかしーよ」と言う人が多いような気がします。(気のせい?)

そういう人に限って、パンローリングあたりの分厚い難しい本を読んでたりする。
高勝率トレード学の何とかとか、相場心理学何とかとか、リバモアがどーしたとか、メンタルがどうのとか
そういうのを読みたがる。(読んだら面白いので嫌いじゃないですが)

挙句の果てには、思考は現実化するとかシークレットとかセドナメソッドとか
アマゾンリンクをブログにペタペタ貼って人に勧めちゃったりする。


そして、その知識を総動員してFXをやって、その知識をブログでひけらかしたがる。

自分がやっているFXトレードがどれだけ難しいものなのかをミケンにシワを寄せて語りがる。


その人はトレードでおそらく勝てているような感じの人だったのですが
平気でそういう恥ずかしい、黒歴史的なことを言っちゃってる。




僕の勉強会に参加されている方ならお分かりかもしれませんが、

FXでお金を稼ぐことって、そんなに難しいですか?


そんなことないですよね?

つい1ヶ月前まで「FXって何?おいしいの?」みたいな人だったのが
「ルール通りにやって簡単に勝てました!」というのを現実化させている。



もうね、高尚なトレード理論みたいなものは超どーでもいいんです。

良かれと思ってエントリーしても、その直後に逆行することなんていくらでもありますし
エントリー後、途中までいい感じだったのが、数時間後には相場状況が変わってきて失速してしまった、みたいなのもあり

そしたらマックスまで損切り食らって諦めればいいですし、
途中で失速したのなら、ルールに従って傷が浅いうちに切っちゃえばいいんです。


(勝てる)ルールに従ってエントリーする、ダメそうならサッサと逃げる

そういう簡単なお仕事なのに、高尚な理論をどんどん身にまとう。


学び始めて日が浅いトレーダーならまだ可愛いものですが
トレーダー歴3年とか5年とか10年の人がそういうのをやっちゃうと、シャレにならない。

年数を重ねるうちに余計なゴミが溜まってきて、最後はどうしようもなく身動きが取れなくなるんじゃないか?

高尚なことをやっている熟練トレーダーのブログを見ると、他人ごとながら、すごく心配になります。



この人ほんとに大丈夫なの?と、おちんちんがヒュンヒュンする。









ちんこヒュンヒュンする。









 ここは旧ブログです。新しいブログはこちら 

※皆さんからのお便りを紹介する趣旨は→こちらに書いています。

たくさんいただいているので、全てのお便りを紹介できるかどうかは分かりませんが
全て拝読はしております。


milkさん、お世話になっております。
***です。
近況報告と初歩者スカイプ勉強会に参加しての感想をお知らせしたくてメール致します。

某倶楽部で騙され、勉強会立ち上げ時期に入った私もmilkさんとの付き合いは1年を超えました。
まだデモやってるの?という焦りが少しあるのも正直なところで、
そろそろ現金トレードも視野に入れていこうかなぁと思っていました。
先日の初歩者のための勉強会に参加してまだ現金は早いかなと???思いました。

実績を確認したラインを引けるし、上向き下向きも分かる、逃げる場所も分かってきた、
自分ではいけそう!と思ってユロドル2014.10をやりました。
が、4hラインの引き方が全くなっていなかったんです。
自然とズレてきてたんです。
見送る場面、Bパターンする場面の考え方が私が思っていたのとちょっと違っていて
勉強会後、躓いた4hラインの所を繰り返し基本に沿って意識しながら引きなおしてズレ矯正!ズレ矯正!

やっぱり初歩者勉強会に参加してよかったです。
長く勉強してきて自分の身になったと思っていたものがズレているのを経験しました。
数ヶ月に1回は初歩者勉強会、そして定例勉強会に参加していこうと思います。

現在は、デモしながら3通貨ペアを1ヶ月単位で検証しています。
ズレないズレないと意識しながらデモ&検証がんばります。

パソコンに毎日向かっている母の姿を見て、子供が勉強を今までよりもがんばるようになりました。
ブログ内でおっしゃってた「まず例題を真似る」「例題を繰り返しやる」「教科書の折り目」などなど
すごく参考になります。子供も新年度。私も子供もやる気がみなぎっているようです!

これからもよろしくお願いします。
では、失礼します。




現金トレードに関しては、焦って急いで爆死するよりはデモのほうが100倍良いのではと思います。

ぜんぜん検証やルール確定ができていないのに
「自分はすんげぇトレーダーだ」と勘違いしている人は、世の中にたくさんいますから。


新入社員が入社して、仕事を覚えて「使い物になる」まで、1年とか3年とかかかるものです。

FXだって仕事ですから
それくらいのスパンで物事を考えても良いはずです。


>ブログ内でおっしゃってた「まず例題を真似る」「例題を繰り返しやる」「教科書の折り目」などなど

共感してくださるんですね!

あまり反響のない記事だとは思っていましたが(僕の中では世紀の大発見、宇宙の真理なのですが)
でも、素直にそれができる人・できない人では全然違います。


>パソコンに毎日向かっている母の姿を見て、子供が勉強を今までよりもがんばるようになりました。

口先だけでなく、自分で頑張るお母さんというのは子供にもカッコ良い存在なのだと思います。

引き続き頑張ってみてください。






 ここは旧ブログです。新しいブログはこちら 

前回の続き。


前回は、宇宙のパワーとかいう、とってもアヤシイ話を書いて終わりました。

なんだよ、FXブログじゃなかったのかよ
とか思っている方も多いと思いますが、FXブログです。


森さんの動画を最近たまたま見つけて見てみて、僕は昔のことを思い出したんです。

3年ほど前に出会った僕のFXの師匠がいるのですが
師匠はスピリチュアル的なことをよく言う人でした。

その頃は、僕はあまりそういう類の話は「超どーでもいー」と思う人で
表面上では師匠に「なるほど、そうなんですね!」とか相槌を打っていましたが話半分に聞いていました。
FXでお金を儲けるということに100%の力を注いでいたので。


メンタルがどうのこうのとか、
「ありがとう」と30万回言いましょうとか、「できる、やれる」と熱く言いましょうみたいな
そういうのを重視する人がいますが

そんなのを追求しても1円たりとも儲かりません。


ありがとうと1回言う度に1円儲かるのであれば、僕はいくらでも言います。
1兆回くらい言います。

メンタルでFXが上手くなるのであれば、みんな山寺に3年くらい篭ってたらいいです。
そして二度と帰ってこなければいいです。

そういうことを書いてるブログ(アマゾンリンクとかベタベタ貼っていますが)は
「FXで勝てるようになります」という一点においては、明らかにを教えていますので近づかないほうがいいです。


FXでお金を儲けたいんだったら努力して検証するしかないです。




ただ、今になって僕が思うのは
僕の師匠は「FXで経済的自由を勝ち取ってから」のことを教えてくれていたのかなぁ。。ということなのです。


「お金があるだけでは、本当の幸せは訪れないんだよ」ということ。

よく、お金の無い人が負け惜しみで言う言葉ですが、それとはちょっと違います。
お金持ちの師匠が言っている言葉ですから。



ある日、師匠は

朝起きたら、朝日に向かって手を合わせて「ありがとうございます」と言ってみなさい

と僕ら(所属していた勉強会の仲間たち)に言いました。

その他にも、「そういう系の」いろいろな話を。

そんなことを言われても、僕なんかは( ゚д゚)ポカーンでしたが
今なら理解できる気がします。


お金だけあってもダメ。

生きていることに対しての感謝とか、生きている幸せとか
そういうものを感じながら生きていけないと、生きている価値が無い。


何か宗教を信じている人は、その宗教の神にお祈りをすればいい。

僕みたいに無宗教の人は、宇宙のパワーにでも、朝日(新聞じゃなくて)にでもお祈りをすればいい。


毎日食べるメシだってそう。

アホみたいにガバガバと大量に食べない。
「ありがとうございます」と手を合わせて、必要な分だけを感謝していただく。


家族、会社の人、同じ勉強会の人に対しては思いやる。感謝する。




師匠はそういう「幸せになる方法」をたくさん教えてくれていたのに、
僕は( ゚д゚)ポカーンで、聞く耳を持てていなかったのです。

すごくもったいないことをしたよなぁ。。と今になって後悔しています。






そういえば、僕の好きな野球マンガでこんなシーンがあります。

2015-04-25_172301.png

2015-04-25_172327.png


本当に優秀な指導者というのは、目先の勝ち方だけではなく
もっともっと先のことまで親身になって教えてくれるものです。